糖質制限ダイエットを成功させるコツ

ここでは、「糖質制限ダイエットを成功させるコツ」 に関する記事を紹介しています。
糖質制限

すぐに体重が落ちると人気の糖質制限ダイエットを実践されている方は多いの
ではないでしょうか。
一方で、「白いご飯や麺類が大好き!主食抜きの食事なんて考えられない」と
糖質制限ダイエットを敬遠されている方や、極端に糖質を制限したことで体調を
崩してしまい糖質制限ダイエットは断念したという方もいらっしゃるようです。

糖質制限ダイエットは上手に取り入れれば確実に成功に近づくダイエット方法だと
思います。今日は、糖質制限ダイエットを成功させるコツを見ていきましょう。


なぜ糖質を制限すると痩せるの?

そもそも糖質制限とは、体のエネルギー源となる「たんぱく質」「脂質」「糖質」の3大栄養素の
うちの「糖質」の摂取を少なくし、糖質を制限することで、血糖値やインスリン分泌の動きを
コントロールすることを目的としています。
高血糖やそれに伴う多量のインスリン分泌は、肥満や糖尿病の原因となるからです。

インスリンは血糖値を下げる働きをするホルモンですが、エネルギーとして使われずに余った
血糖を脂肪細胞に取り込み中性脂肪に蓄える働きも持っています。
さらに、血液中の中性脂肪を分解して脂肪細胞に蓄えたり、脂肪細胞内に蓄えられた中性脂肪の
分解を抑制したりする作用もあります。

糖質を制限するとインスリン分泌を減らすことができるため中性脂肪を溜め込む働きが抑えられ
ダイエットに効果があるとされているのです。


極端な糖質制限は逆効果です

人間の細胞を動かすエネルギー源である糖質を摂らない状態が続くと、減らしたい脂肪だけでなく
筋肉の量も減ってしまいます。筋肉の量が減ると基礎代謝が下がってしまいます。
基礎代謝が下がると、脳は生命の危険を感じ、さらに消費エネルギーを抑えようとします。
そのため、痩せにくく、リバウンドしやすい体になってしまうという本来の目的から大きく外れた
結果になってしまいます。


糖質はどれぐらい減らせばいいの?

糖質の摂取量をどのぐらい減らすのが安全かつ効果的なのか、減らすべき糖質の種類は何か、
糖質は減らしてもデメリットはないのか、ずっと続けたらどうなるのか・・・など、糖質制限に関しては
まだ明確な定義は出ていません。

糖尿病治療などの一環で糖質制限食を提供・指導している病院では、1日3食全ての主食を抜くことを
実践している例もありますが、一般的にダイエット目的の場合は3食の全てで主食の量を半分に減らしたり、
夕食だけ主食を抜くパターンで効果があるとされています。


糖質制限で食べていいもの・控えたほうがいいもの

・糖質制限ダイエットで食べてもいいもの

 ・ご飯やパン・麺類を1食当たり半人前
   夕食のみ主食を摂取しないでも可

 ・おかず、特に野菜をたっぷり
   ただし、かぼちゃや芋類、栗などの糖質が多い食材を使ったものは不可

・糖質制限ダイエットで控えめにしたい食べ物

 ・揚げ衣、とろみの片栗粉(あんかけ)や小麦粉(カレーやシチューのルー)

 ・ソースやケチャップ、甘い味噌

 ・菓子や甘い飲料

 ・砂糖やみりん


食べてはいけないと言われるとかえって食べたいという欲求が湧いてきてしまうものです。
極端な糖質制限は体にとって有害になる可能性もあります。我慢はストレスにつながり、
反動でヤケ食いなどしてしまってはせっかく痩せてもリバウンドまっしぐらです。

時にはご褒美として甘いものも摂りつつ、上手に糖質制限ダイエットをしていくのがいいですね。
私は夕食のみ炭水化物抜きを実施中です。


仁依菜
関連記事
コメント
この記事へのコメント
>mioruさん

こんにちは。コメント・応援ありがとうございます!
私も「お米」が好きです。
朝はパン食・昼に米・夜は炭水化物抜きにしているので、
お昼のお米はよーくかみしめて味わって食べています。
また見に来てくださいね。
2017/02/06(月) 17:32 | URL | 仁依菜 #-[ 編集]
こんにちは。
わたし「お米」が好きなので極端にならないように考えようと思えました。勉強になる情報をありがとうございます。
ランキングの応援は完了しています。
お邪魔しました。
2017/02/06(月) 13:11 | URL | mioru #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
ぽちっと1回
あなたのクリックが記事更新の励みになります!