冷えを撃退するカイロの貼り方

ここでは、「冷えを撃退するカイロの貼り方」 に関する記事を紹介しています。

冷えを撃退するカイロの貼り方

手を温める

立春を過ぎ少しずつ春の兆しも見えてきましたが、まだまだ寒い日が続いています。
暖房の効いた温かい部屋にいても手や足の指先が冷えて寒さを感じたり、
ツライ肩こりや重い生理痛に悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

手足の冷えや肩こり、生理痛はからだを温めることで改善することができます。
今日は体の冷えをとり体をぽかぽかに温めることができる効果的なカイロの貼り方
についてお伝えします。

なぜ体は冷えるの?

寒い季節になると冷え性でツライという方は多いものです。
気温や風など外的な要因で冷えたり寒さを感じることももちろんありますが、
温かい部屋の中にいてしっかりと洋服を着込んでいても、お腹や太もも、お尻や
腰の周りが冷たいことはありませんか?

私自身は「冷え性」だと思ったことはなかったのですが、ある日ふと自分のお尻や
太ももの裏を触ってみたときに冷たいと感じました。
そういえば、毎月の生理の時は1日目にチクチク・キリキリ・ドーンっと色々な痛みにも
悩まされてきました。自覚はしていなかったものの、私の体は冷えていたのです。

この冷え、実は内臓からきています。
夏場に冷房や薄着で体を冷やしたり、冷たいものを食べたり飲んだりを続けたことで
内臓が冷えてしまい、その冷えが慢性的に冬にも残っているのです。
寒い季節だけでなく、日頃から衣服を調節したり食べ物に気をつけるなどして体を
冷やさないようにする努力が必要です。

内臓が冷えた状態では血流が悪くなり、肩こりや腰痛、生理痛がひどくなります。
手足の指先は体の末端なので、血流が悪くなるともっとも冷えを感じるようになります。
そのように冷えた状態の手足を温めても体の中は温まりません。


カイロを貼って体を温める

日頃から体を温める努力は必要ですが、どうしても薄着で出掛けなければならない時や
美味しい冷たいものをいただきたい時もありますよね。
また、手足の冷えがつらくて温かい部屋から出たくないという時もあると思います。
そんな時には体を温める場所やツボを知り、効果的にカイロを貼ってぽかぽかの体を
手に入れましょう。

カイロを貼る時は、血管が集まっている場所を温めて、体全体への血流をよくすること
を意識しましょう。
温かくなった血液が体全体を巡ることで、末端の手足まで温かくすることができます。


カイロを貼る効果的な場所4つ

 1.左右の肩甲骨の下の中央部分
  肩甲骨の間には大きな血管が通っています。心臓から送られた血液が、背中の中心
  を通り腹部へと流れていきます。この場所を温めることで体の中心である胃腸が
  温められ、体全体を温めることができます。
  肩こりにとても効果的な場所でもあります。

 2.尾てい骨の少し上
  おへその真裏には「命門(めいもん)」というツボ、そこから指2本外側には
  「腎愈(じんゆ)」というツボがあります。腰全体を温めることで、自律神経の
  働きが活発になり血行がよくなります。特に下半身の血の巡りがよくなるので
  足先の冷えが改善されます。

 3.おへその少し下
  おへそから指2本分下にある「気海(きかい)」というツボを温めると全身の冷え
  に効果的です。さらにもう少し下の「丹田(たんでん)」というツボは体の幹とも
  いわれるとても大事な場所です。生理痛の時に「丹田」を温めるとじんわりと痛み
  が和らいでいきます。また、便秘の時もここを温めると腸の動きがよくなり効果的
  です。

 4.足首
  冷えやすい足の中でも、全身を温めるには太い血管がある足首のくるぶし周辺を
  温めるのが効果的です。内くるぶしの後ろ、アキレス腱との間のくぼみの部分に
  カイロを貼ることで足先と全身を温めることができます。


冷えは万病の元とも言われます。冷えを撃退してぽかぽかの体を手に入れましょう。
効果的な場所を知っていれば、小さなサイズのカイロでもしっかりと体を温めることが
できますよ。

私は今日はおへその下にカイロを貼って、ゆったり過ごす1日にしています。


仁依菜
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
ぽちっと1回
あなたのクリックが記事更新の励みになります!