はちみつの健康と美容効果

ここでは、「はちみつの健康と美容効果」 に関する記事を紹介しています。

はちみつの健康と美容効果

はちみつ

白い精製された砂糖はダイエットには大敵といわれています。
白い砂糖の代わりに黒糖やてんさい糖などを使っている方やカロリーゼロの人口甘味料を
お使いの方は多いのではないでしょうか。

甘みが欲しいとき、私のおススメは「はちみつ」です。
ダイエットや健康、美容にも効果抜群の「はちみつ」はぜひ生活に取り入れたいものです。

今日は「はちみつ」の効果についてお伝えします。

はちみつは栄養満点

はちみつってなんだか体によさそうだけど、実際にはどんな成分が含まれているかご存知ですか?

天然はちみつには、ビタミンB1、B2、葉酸などのビタミン類、カルシウム、鉄をはじめ27種類の
ミネラル、22種類のアミノ酸、80種類の酵素、ポリフェノールやアンチエイジング効果があると
いわれているパロチンなど、合わせて150以上の成分が含まれた栄養豊富な食品です。

はちみつに含まれているビタミンは非常に良質なものであることがわかっています。
ビタミンには「活性型」と「不活性型」の2種類があります。
「活性型」は少量の摂取でビタミンの効能を発揮しますが、「不活性型」は大量に摂取しなければ
効果がありません。
はちみつに含まれているビタミンは92%が「活性型」のもので、人工のビタミン剤を大量に飲むよりも
少量のはちみつを摂るほうが効果があることがわかっています。


はちみつのカロリーと甘さ

はちみつ100gのカロリーは294kcalです。一方、砂糖100gのカロリーは348kcalあります。
同じ甘味料でも、はちみつの方が低カロリーです。

しかも、はちみつは砂糖の1.3~1.5倍の甘さがあるとされています。
砂糖と同等の甘みを得るためには少ない量のはちみつで十分ということになります。
結果、よりカロリーを抑えることができます。


はちみつは効率よく吸収される

はちみつは体内に吸収するために、単糖類というこれ以上分解する必要のないブドウ糖と
果糖で構成されています。このため消化が早く、すぐに体を動かすエネルギーに変わります。
ほとんどの食べ物が吸収までに早くても2時間はかかるのに対し、はちみつは食べてから
15~20分程度で吸収されます。そのため疲労回復効果が非常に高い食品といえます。

一方、砂糖はショ糖というブドウ糖と果糖が結合した糖分でできています。消化吸収に時間がかかり、
消化器官に負担をかけます。余った糖分は脂肪に変わります。

砂糖とはちみつを比較するとはちみつの方が体に優しい食品となります。


はちみつの美容効果

はちみつの成分は美容にも大きな効果をもたらします。
はちみつは吸水性が高く、保湿性に優れているため潤いを保つためにとても有効です。

唇がカサカサになった時にはどれだけリップクリームを塗ってもなかなか治りません。
水分が不足しているところにどれだけ油分を補っても潤うことはないからです。
まずはちみつを少量唇に塗り、ラップで覆ってしばらくそのままにします。
カサカサで固くなった唇が水分を含み柔らかくなります。
その後、リップクリームを塗り油分で保護膜を作ればプルプルの唇を保てます。

市販のボディーソープやシャンプー、リンスなどにはちみつを少量加えて使うのも保湿効果から
肌や髪にツヤを生む効果があります。

肌に塗ることよりも効果を得られるのがやはり食べることです。
はちみつに含まれるビタミンやミネラルの効果で美肌に近づきます。

はちみつには整腸作用があるグルコン酸という成分が含まれいます。
グルコン酸は、腸内のビフィズス菌を増やす効果があるので、便秘や下痢などの腸のトラブルを
解消するのに効果的です。
また、はちみつには高い殺菌効果もあります。腸内にある悪玉菌などを殺菌することで、
お腹の調子を整えることができます。
腸内環境が整うと、肌のトラブルは見違えるように治まります。


はちみつを摂るときの注意

はちみつの甘さは熱を加えることで感じにくくなります。
調理の時や温かい飲み物に入れるときは砂糖と同じ甘さを感じるまではちみつを入れると
より多くの量を使うことになり、結果カロリーオーバーとなってしまいます。

また、はちみつに含まれる大切な栄養素は大体45℃くらいから成分が変化し、65℃で破壊されて
しまいます。はちみつはそのまま食べるのが最も栄養素を摂ることができる食べ方です。

はちみつは毎日、ティースプーンで1~3杯程度食べるのが体によいとされています
私は朝食べるヨーグルトに大さじ1/2程度のはちみつを混ぜて毎日食べています。



はちみつはその元となる花の違いによって、色も味も香りも違います。
食べ比べてみると、その味わいの奥深さにも魅了されますよ。
自分好みのはちみつを探してみるのもおススメです。


仁依菜
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
ぽちっと1回
あなたのクリックが記事更新の励みになります!