運動をするタイミング

ここでは、「運動をするタイミング」 に関する記事を紹介しています。

運動をするタイミング

トレーニング

今日はいつもよりランチを食べ過ぎたな・・・少し運動でもしておこうかな。
ちょっと待ってください!もし痩せたいのなら、その運動はやるべきタイミングがあります。

運動をするなら効果的なタイミングを逃さずに、より脂肪を燃やしてしまいましょう。

今日は運動をするタイミングについてお伝えします。

効果的な運動のタイミングは目的次第

・脂肪燃焼が目的の場合

 食前に運動をしましょう。
 
 正確には食前といえでも空腹を感じていないときでは意味がありません。
 「お腹がすいたな」と感じたとき、それこそが脂肪燃焼のための運動のタイミングです。

 空腹のときは糖分の血中濃度が低い状態です。この状態で運動をすると溜め込まれている
 脂肪から体を動かすエネルギーが使われやすくなります。空腹ではないとき=糖分の血中
 濃度が高いときは、そのまま糖分をエネルギー源として使った方が効率が良いので、脂肪
 は減りません。

 さらに、空腹のときに運動をしておくと、運動後に摂った食事の栄養は運動で疲れた筋肉
 の方へ送られます。余分な脂肪がつくことを抑える効果があります。

 脂肪燃焼を目的とするならば、食前に有酸素運動をしておき、食後に軽く筋トレをするの
 が最も効果的です。


・筋肉をつけることが目的の場合

 食後に運動をしましょう。

 筋肉をつけるためには、体内の栄養が満ちている状態=食後に無酸素運動を行うと効果的です。
 糖分の血中濃度が十分にあると運動自体の質が高くなります。
 より重い物を、より長い距離を、より早く運動できるようになります。

 血中糖分からのエネルギー → 脂肪からのエネルギー → 筋肉からのエネルギーの順番で
 優先してエネルギーは使われるので、食後ならばせっかくつけた筋肉が分解されることを防ぐ
 ことができます。


空腹時の運動のデメリット

脂肪を燃焼させるためには空腹なときに運動をした方がいいことがわかりましたね。
しかし、空腹時の運動にはデメリットもありますので、しっかり認識しておきましょう。

 ・急に激しい運動をすると貧血やめまいを起こすリスクがあります。

 ・集中力が普段より低く、運動自体の効果が落ちやすくなります。

ランニングよりはウォーキングや踏み台昇降運動などにしておいた方が体のためにはよいと
思います。


早朝に運動をする場合は特に注意

早起きしてランニングをしてから朝食を摂る・・・健康とダイエットのために早朝ランニングを
習慣にしている方もいらっしゃると思います。

朝は前日の夜の食事から時間が経ち、胃が空っぽになっています。このときは肝臓に蓄えた
グリコーゲンという物質が少ない状態になっています。肝臓のグリコーゲンは血糖値を保つ
ために重要な物質のため、極端に少なくなると生命の危険もあります。

肝臓のグリコーゲンが少ない状態である朝に、糖分の補給もせず強度の高い運動や筋トレを
行うと貧血などを引き起こす可能性が非常に高くなります。

また、倒れることがなかったとしても、体は極端に少なくなっているエネルギーを補おうと
その後の朝食を食べ過ぎてしまうなど食欲を抑えられない状態になることがあります。

睡眠中に体内の水分が失われているので起床後すぐは水分も不足しています。
早朝の運動の前にはジュースを一杯飲んで水分と糖分を補給してから行うなど、対策が必要
です。白湯を飲んでから運動をする、飴玉を舐めながら運動をするなども効果的です。



以前の記事で脂肪を燃焼させるための運動について書いていますので参考にしてください。
また白湯を飲むことの効果の記事もぜひ併せてお読みくださいね。

 脂肪燃焼に効果的な運動の記事はこちらをどうぞ⇒

 白湯を飲むことの効果の記事はこちらをどうぞ⇒


私は毎朝、白湯ができるまでの時間にストレッチをし、白湯を飲んだ後にスクワットと
踏み台昇降運動を10分間行ってから朝食を摂るようにしています。
昼食前も白湯→スクワット→踏み台昇降運動を行っています。

目的に応じたベストなタイミングでぜひ運動を続けていきましょう。


仁依菜
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
ぽちっと1回
あなたのクリックが記事更新の励みになります!