春の紫外線対策  お肌編

ここでは、「春の紫外線対策  お肌編」 に関する記事を紹介しています。

春の紫外線対策  お肌編

紫外線

こんにちは!仁依菜です。

昨日は彼岸の入りでした。
『暑さ・寒さも彼岸まで』と言いますが、随分と寒さが緩んできましたね。

この週末はお天気にも恵まれるようなので、愛車でドライブに行きたいなと思っています。
実は私の愛車はオープンカーでして、幌を開けて乗るにはいい季節が近づいてきました♪

しかし、みなさん、お気づきですか?

すでに紫外線が随分と強くなってきていますよ!!

今日はそろそろ気をつけたい春の紫外線についてお伝えします。


春の紫外線はここに注意

紫外線といえば「夏」のイメージですが、5月頃の紫外線も強いとご存知の方は多いと思います。
最近では桜が散った頃ぐらいからOLさんが日傘をさして歩く姿も見られるようになってきました。

紫外線には「UV-A」「UV-B」の2種類があって、一般的には全紫外線の約5%を占める
「UV-B」が日焼けの原因と言われています。

UV-Bはエネルギーが強く、おもに肌の表面に作用します。
そのため、やけどを負ったように肌が赤くなったり、黒くなる原因となります。

一方、UV-Aは地上に降りそそぐ紫外線のうち約95%を占めるものです。
エネルギー自体は弱いのですが、肌の奥の真皮層にまで到達し、ダメージを与えます。
肌の弾力やハリのもとになる細胞組織を破壊したり、メラニン色素を増やしてシミの原因を作るのは、
このUV-Aの作用です。
          肌ダメージ



UV-Bは真夏の7・8月に最も多く降りそそぎますが、UV-Aは真夏だけでなく4月・5月の春の時期に
急激に多くなり、その量は真夏の紫外線とほぼ同じです。

春になると突然肌が荒れる、かゆくなる、赤くなるという方は、実は紫外線によるダメージが原因
かもしれませんよ。


気をつけたいポイント

最近は一年中紫外線対策をした方がいいという情報もよく流れているので、お顔のケアはしっかりと
している方が多いと思います。

女性の場合は化粧品でUVケアができるものが多く出ているので、対策はバッチリという方も多いです。

しかし、意外と忘れがちなのが、
        デコルテうなじ手の甲などの顔以外の部分です。

冬の間、コートやマフラーの下で守られていた部分が、いきなり春の紫外線をたくさん浴びることに
なっているかもしれませんよ。


私は毎年、4月か5月に潮干狩りに行くのですが、アサリとの格闘に夢中になりすぎて、うっかりと
日焼けをしてしまいます。今年こそは万全の体制で望むつもりです!

桜の下でのお花見も春の醍醐味のひとつですが、紫外線対策はしっかりして楽しんでくださいね。

男性のみなさん、彼女や奥様がうっかり日焼けしないように、ドライブ中に窓を全開で走行するのは
止めてあげてくださいね!
車の窓ガラスはUVカット加工がされているものが大半ですが、窓全開の状態では外にいるのと同じです。
もちろん、ご自身の紫外線対策も忘れずに!


もし日焼けしてしまったら

春は季節の変わり目であるとともに、乾燥や花粉などのアレルギーで肌が敏感になりやすい時期です。
紫外線を浴びた肌は、肌の奥にダメージを受けている状態なので、洗顔や体を洗うときは刺激の少ない
洗顔料や石鹸でやさしく洗いましょう。

そして、ダメージを受けた肌は乾燥しやすくなっているので、保湿が肝心です。
顔と同様に、体にもしっかりと水分を補い、与えた水分を逃さないようにクリームやオイルなどで
肌に蓋をして守りましょう。


私の場合は、幌を全開でドライブした時点で「さぁ、来い!紫外線」な状態なわけですが、
日焼け止めをしっかり塗ったり、フルーツを多めに食べて美肌効果を高めることで対策をしています。

 柑橘系のフルーツの光毒性について触れていますので、一緒にお読みくださいね!

   ダイエット中のフルーツの記事はこちらをどうぞ⇒


春のうっかり日焼けはちょっと気をつければ防ぐことができます。

私はアサリに負けないように・・・ではなく、紫外線に負けないようにがんばります!


最後までお読みいただきありがとうございます。
応援ポチっとしていただけると明日も頑張ってブログが書けます♪
にほんブログ村 ダイエットブログへこのエントリーをはてなブックマークに追加

仁依菜
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
ぽちっと1回
あなたのクリックが記事更新の励みになります!